オラクルカードでの占い

自分で楽しむなら、オラクルカードでの占いもお勧めです。ちゃんとカードごとの説明書がついているものもあります。そういうオラクルカードでも、説明書は見ずに絵だけを見て判断するという方法もあります。慣れてくるとそちらの方がいろいろと受け取るメッセージが多くなる気がします。占いでもオラクルカードを使うタイプの占い師さんがいます。その場合、やっぱりカードの一枚一枚の意味を把握しつつも、時には絵だけで判断することも多いような気がします。そのあたりはタロットカードと同じような感じではないでしょうか。
オラクルカードは海外のものが圧倒的に多くて、中には説明書があっても日本語訳になっていないものもあります。あえてそういうものを選んでも良いと思います。文章ではなく、絵だけを見て判断すると決めているなら、説明書が無くても良いと思いますし、むしろ絵からメッセージを受け取る方が占いっぽくていいような気もします。絵だけで判断する場合は、同じカードでも時にとって印象が違うときもあります。自分の都合の良いようにだけ解釈しないことが大切です。最初は説明書を見ながらやってみると良いと思います。そのうち一枚一枚の持つ意味も覚えてきますし、もしかしたら説明書に書かれている以外にもこのカードにはメッセージがあるのではと思えてくるようになります。大抵はいろいろなモチーフが絵の中に隠れていることが多いので、そういうところをじっくり見るのも楽しいです。

楽器 買取